手提げ袋を作るなら希望を適えてくれる業者の選定が必要

Original Paper Bag

サンプル品を取り寄せて完成品のイメージを固める

男の人

手提げ袋の魅力について

手提げ袋には、数多くの魅力があります。まずは収納力が高いことが挙げられるでしょう。荷物が多いときでも、まとめて一度に運ぶことができます。

また手提げになっている分、持ち運びがしやすい点も魅力の一つです。効率よく力を使うことができるので、比較的重量がある荷物でも、安定して運べます。

さらに、使わないときには畳んでしまっておけるという強みもあります。「普段はバッグの中にしまっておいて、荷物が増えたときにだけ使う」なんて方法がとれるのも、手提げ袋ならではです。

制作は業者依頼がお得!

オリジナルの紙袋の制作は、専門の業者に依頼するのがベストです。A4などの一般的なサイズの手提げ袋であれば、かなり安く作ることも可能になってきています。

また、細かな要望にも応えてくれるのが、業者に依頼するメリットの一つでもあります。たとえば、形や大きさにこだわりたいときや、少し変わったデザインを印刷したいときでも大丈夫です。経験豊富な専門業者であれば、きっと相談に乗ってくれることでしょう。業者の力を借り、デザインも質も高い手提げ袋を作ることができれば、看板制作と同様に高い宣伝効果を期待できます。

合わせて読みたいコンテンツ

紙袋

サイズによって異なる紙袋の利便性!A4サイズが支持されている理由

袋を使った宣伝を検討するときには、素材選びも重要なポイントです。紙袋と不織布袋の違い、そして紙袋ならではの素材の魅力を紹介しています。またインターネット注文をする際のポイントも、ぜひ参考にしてみてください。

READ MORE
看板

看板制作は業者に依頼!デザインや設置も相談できる

看板制作を考え始めた人に、知っておいてもらいたい知識をまとめています。個人制作とプロに依頼したときの違いや、依頼に必要な費用、そして業者に依頼をするときに注意したいポイントなどを、頭に入れておきましょう。

READ MORE

余裕をもって計画的に依頼しよう

オリジナルの紙袋や手提げ袋の制作には、デザイン入稿から納品完了まで、意外と時間がかかってしまうケースも多くあります。だからこそ、行動は早めに起こすのがオススメです。「いつまでに使いたい」という明確な希望がある場合、できるだけ早めに業者にスケジュールを確認しておきましょう。納期遅れに関する失敗を防げます。

業者依頼をする手続きの流れ

まずは自分にピッタリの業者を選定

業者依頼への第一歩は、用途に合う業者選びをすることです。紙袋や手提げ袋を制作する業者は、数多くあります。それぞれで特徴や料金が異なるので、ぜひ細かいポイントまで確認してください。気になることは直接問い合わせてみると、対応力もチェックできます。

サンプル請求、見積もり依頼

気になる業者を見つけたら、ぜひ紙袋や手提げ袋のサンプルを請求してみてください。使用する素材によって、出来上がったときの雰囲気も大きく変わってきます。品質に納得できたら、作りたいアイテムの情報を元に、見積もりを依頼します。

発注、オリジナルデザイン・ロゴの入稿

見積もりに納得できたら、次はいよいよ正式発注です。数量やデザイン、素材やサイズに間違いがないかどうか、しっかりと確認してください。またオリジナルデザインやロゴを使用する場合は、業者の指示に従ってデータを入稿します。

制作代金の一部、もしくは全額の支払い

正式発注を終えたら、支払いを済ませます。業者によっては「料金の半分を前払いで」というところもあれば、「全額前払い」と決まっているところもあります。不安な点は、事前にしっかりと確認しておきましょう。

制作完了した紙袋の納品

業者側で入金が確認できたら、工場で制作がスタートします。出来上がった紙袋や手提げ袋は順次発送され、納品されます。納品枚数やデザインに間違いがないかどうか、しっかりと確認してください。